【事例紹介】TOEIC®L&Rだけで社員の実践的な英語力を測れるか?

2021.06.15

 

TOEIC®L&Rのスコアを社員の英語力の指標としている企業は多いです。しかしTOEIC®L&Rは、名前の通りリーディング・リスニングの能力を測るテスト。つまり、英語での交渉・プレゼン・ミーティングなど実務能力を測ることは難しいのではないでしょうか。

 

今回は「TOEIC® L&Rのスコアでは社員の実践的な英語力を測れない」という悩みを抱えた企業の事例を紹介します。プロゴスの英語研修サービスを導入することで、どのように社員のスピーキング能力を向上させたのでしょうか。

 

 

TOEIC®L&Rだけで社員の実践的な英語力を測れるか?

日本の多くの企業がTOEIC®L&Rを社員の英語力を測る指標としています。

D社もそのうちの一社、TOEIC®L&Rテストを社員の英語力のアセスメントとして採用していました。しかし、高スコアを所持している社員でも、実際に英語を使った業務となると対応できないケースが多いという問題を抱えていました。

 

このような悩みを抱える企業は、決して珍しくありません。

 

就職、昇進、海外赴任の条件としてTOEIC®L&Rのスコアを掲げている企業も多いのではないでしょうか。TOEIC®L&Rは、あくまで英語で「情報収集」する上で必要な能力を測定できるテストです。つまり、ミーティングで発言する能力、プレゼンする能力、海外クライアントと交渉する能力など「アウトプット」の能力測定は難しいです。そのため、TOEIC®L&Rのスコアと英語で実務を遂行する能力に乖離が生じてしまっているのが実情です。

 

Image 3

 

このような問題に対処すべく、英語スピーキング力強化に特化した英語研修を導入する企業も増えています。具体的には、オンライン英会話を導入したり、講師派遣型の英語レッスンを行ったり、コロナ禍ではオンライン上でのグループレッスンを導入したり、といった例があります。しかし「社員のスピーキングを伸ばす」という目標に対して、どんな研修を施すべきか曖昧なまま行っているケースも多く見られます。

 

もちろん、これらの研修が社員の英語力向上に寄与しないわけではありません。しかし、このような研修を行うだけでは、社員1人ひとりの英語力を定量的に評価しにくいです。「結局どれほど英語スピーキング力が向上したのかわからない「どれだけ業務で使える英語を身につけたのかわからない」といった悩みが残ることもあるのではないでしょうか。

 

つまり、社員の実践的な英語力を育むためには、まず初めに客観的に1人ひとりのスピーキング能力を測ること、そしてその結果をもとに現状の英語レベルに合わせた適切な学習プランに基づいて研修を行う必要があるのです。 

 

適切な長期計画の立案と「PROGOS」・
「レアジョブ英会話 ビジネス英会話コース」の導入

 

このような問題を解決すべく、D社には目標とする育成イメージを達成できるような3年間の長期計画を作成しました。その上で、まずは社員の現状の実践的な英語力を測定するため、TOEIC®L&Rと合わせて英語スピーキングテスト「PROGOS」を受験してもらいました。

 

ちなみに、TOEIC®L&Rの受験を社員に義務づける企業は少なくありません。しかし、多くの企業が「受験させて終わり」という状態になっています。試験結果を使ってどんな育成をするかまで考えられている企業は非常に少ないのです。

 

しかしプロゴスでは、現状のスピーキング能力を把握してもらうことに加え、その結果に基づき、どんな英語教育を実施すべきかといった計画までを提案しています。

 

長期計画のうちのひとつに「自己啓発としてレアジョブ英会話を1年継続してもらう」というものがありました。D社ではこれを実践し、結果として社員の英語スピーキング力のボトムアップに成功しています。具体的には、英語の初級レベルの社員のおおよそ8割が、「PROGOS」における指標において1レベル以上アップしました。

     ※CEFR-Jに基づいたスピーキングレベル一覧

level 1-1

 

「PROGOS」
「レアジョブ英会話 ビジネス英会話コース」とは

今回D社が導入したスピーキングテスト「PROGOS」および「レアジョブ英会話 ビジネス英会話コース」について、簡単にサービス内容を紹介します。

 

スピーキングテスト「PROGOS」とは、TOEIC®L&Rでは測れない、英語のスピーキング能力測定に特化したテストです。国際基準「CEFR」に基づき英語スピーキング力を測定します。試験結果はAI自動採点ですぐにわかります。管理サイト上で研修担当者も結果を把握できるため、研修設計にそのまま活用可能です。

 

「レアジョブ英会話 ビジネス英会話コース」とは、ビジネス英会話に特化したオンライン英会話サービスです。このコースでは、約6,000名の「レアジョブ英会話」講師の中から、特に指導スキルなどに優れた「ビジネス認定講師」がレッスンを行います。ボキャブラリーの習得や会話練習、文法・発音など、総合的な英語力の底上げを目指すことが可能です。

 

これらのサービスを組み合わせることで、現状に基づく適切な研修実施が叶います。

 image6

 

プロゴスでは目標設定〜研修設計までを相談可能

プロゴスでは、結果を出す英語研修を実施するために、ただ学習サービスを提供するだけではなく企業の英語研修における問題の明確化から適切な目標設定、研修プランの立案やコンサルティングも行っています。

 

具体的には、成功する英語研修の実施に重要な条件である「研修目的の明確化」「正しい目標設定・適切な対象者選定」「PDCAを回せる仕組み」について、多数の企業を支援した実績に基づき、各社の希望や現状を踏まえてサポートしています。

 

D社の例では「TOEIC®L&Rをアセスメントとしているが、社員の実践的な英語力を測れない」という課題がありました。それに対して「社員のスピーキング能力を測る」「スピーキング能力を向上させる」という研修目的を立て、「PROGOSとTOEIC®L&Rを合わせて社員の実践的な英語力の測定」「自己啓発としてのレアジョブ英会話の1年間の継続」という対策を打っています。

 

さらに、プロゴスでは研修開始前に説明会も数多く実施しています。説明会では、各学習ツールの使用方法はもちろん、効率的な学習方法や、継続学習のポイントなども伝えることで、受講者のモチベーション低下を防ぎ、スムーズに学習に取り組んでもらえるようにしています。

グループセッション_理由1

適切なプランとツールで効果のある英語研修を実現しましょう

多くの人が受験経験を持つTOEIC®L&Rは、英語力アセスメントとして使いやすいテストです。しかし、実務的な英語力を測定できるわけではありません。社員のスピーキング能力を上げるためには、スピーキングに特化したテストを受けて、適切な研修を施すことが大切です。

 

英語力の指標としてTOEIC®L&Rを用いることに疑問を持っている方、どのような研修計画をすればよいかわからない企業の担当者様は、ぜひ一度、プロゴスの英語研修についてお問い合わせください。