【事例紹介】6ヶ月間で英語学習風土の醸成、英語レベルアップに導いた施策とは

2021.06.15

 

TOEIC®L&Rのスコアが高いからと言って、実際の業務を英語でこなせるとは限りません。TOEIC®L&Rでハイスコアを獲得する優秀な社員が揃うのにも関わらず、英語を「使える」人が少ないことに悩む企業は多いです。

 

今回は、社員の英語力に関して上記の問題を抱えた企業を取り上げ、プロゴスの英語研修の導入によってどのように問題を解決できたのかについて紹介します。

TOEIC®L&Rが高スコアでも実務で話せない社員が多い

4095775_m

C社は、TOEIC®L&Rでハイスコアを記録する優秀な社員を多く抱える企業です。しかし、いざ仕事で英語を使うとなると、「話す」ことに苦手意識を持つ社員が多いことに問題意識を持っていました。いくらTOEICスコアが高くても、仕事で話せなければあまり意味がありません。C社は、そんな社員の英語力をビジネスレベルに引き上げるような英語研修を導入したいと考えていました。

C社に限らず、多くの企業がTOEIC®L&Rテストを社内の英語力の指標にしています。そのため、リスニングやリーティングは得意であるものの、ライティングやスピーキングが苦手な社員が多いというのは珍しくありません。

 

このような問題を解消すべく、スピーキングに特化した英語研修を導入する企業も増えています。しかし、多くの日系企業には日本人特有の「対面式文化」が根付いています。そのため、研修内容は「英会話スクールに通学させる」もしくは「企業内に講師を派遣する」のどちらかであるケースが多いです。

 

 

しかし、通学や講師派遣による英語研修の多くは、週に112時間のレッスンを受けるという内容です。もちろん週に1,2回のレッスンが英語力の向上に効果がないわけではありません。ただし、社員の英語力の成長スピードが遅く、企業が求めるレベルに達するのに時間がかかるという問題があります。

つまり、C社のようにスピード感を持って社員の英語力を底上げしたい場合には、「スピーキングに特化した英語研修を、短期間かつ高頻度で受ける」ことが重要なのです。

「レアジョブ英会話 ビジネス英会話コース」の導入

スマートメソッド_理由3


そこでC社では、この問題を解決すべく「レアジョブ英会話」の月20回プランを6ヶ月にわたって導入しました。「レアジョブ英会話」とは、簡単に言うとビジネス英会話を学べるオンライン英会話サービスです。

 

C社では「レアジョブ英会話 ビジネス英会話コース」の導入の結果として、受講者ボリュームゾーンが「初中級レベル」から「中級レベル」に変化しています。また、定性的観点からも6ヶ月間の取り組みにおいて社内に「英語学習をして当たり前の風土」が作られたとのことです。

 

この学習風土を醸成していくうえでは、如何に大勢の受講者を集められるか、ポイントになります。C社の場合、受講者数が全社員の50%以上の大人数に受講させることができたことが短期間で学習風土醸成を成功させた大きな要因となりました。

「レアジョブ英会話 ビジネス英会話コース」とは

「レアジョブ英会話 ビジネス英会話コース」とは、1回あたり25分のオンライン英会話です。法人導入は3,200社以上、個人利用者も含めると累計会員数が90万人という圧倒的な利用実績を誇るサービスです。

「レアジョブ英会話 ビジネス英会話コース」がこれだけ多くの企業に支持され続けているのには、いくつかの理由があります。以下で詳しく紹介します。

 

時間や場所を問わないため学習を継続しやすい

1919337_m

 

成果を出す英語研修の条件のひとつに、社員に学習を継続してもらうことが挙げられます。「レアジョブ英会話 ビジネス英会話コース」は、業務が忙しい中でも英語学習を継続できるように、利便性が追求されています。

たとえばレッスン開講時間は朝6:00~深夜1:00開始5分前まで予約をすれば受講が可能です。キャンセルは30分前まで可能なため、急な業務などが入った場合でも安心です。

 

また、パソコンの他、スマートフォンやタブレットからの受講も可能です。

このように社内外問わず、いつでも、どこからでも英語学習にアクセスできる仕組みが整っていることが継続できる秘訣の一つとなります。

 

認定講師による質の高いレッスン

オンライン英会話_理由3

 

「レアジョブ英会話」には、約6,000名のフィリピン人講師が在籍します。その中でも、ビジネス英会話コースで指導する「ビジネス認定講師」はビジネスでの豊富な経験をもち、スキル・コミュニケーションなどの観点から厳選された講師陣で、より質の高いレッスンを提供します。

なお、レッスンではビジネスボキャブラリーの習得の他、会話練習や文法、発音など必要に応じて多彩なカテゴリーを学べます。

 

短期間で社員のスピーキング能力を上げたい場合のその他の選択肢

C社のように「短期間で社員のスピーキング能力を上げたい」という場合は、オンライン英会話を導入する以外にも、以下のような選択肢があります。

  • 短期集中型コースの導入
  • オンライン英会話+講師派遣の組み合わせ 

それぞれのパターンについて、少し詳しく見てみましょう。

 

短期集中型コースの受講

4919262_m

 

 

今回C社は約半年間をかけ、オンライン英会話を実施しました。しかし中には、より短期間で社員の英語レベルを上げる必要があるケースもあります。その場合は、短期集中型のコースの受講もおすすめできます。

 

プロゴスが提供する短期集中型の「スマートメソッド®コース」は、4ヵ月間で66時間のアウトプットを行うオンライン英会話コースです。このコースの特徴は、CEFR-J(※)に準拠したスピーキング指標に基づき受講者の英語スピーキング力測り、レベルアップするために1人ひとりに最適化されたレッスンを受けられること。さらに受講者のスピーキングレベルアップが保証付いており、話せるようになるまで学習支援が可能です。

限られた時間内で、一定以上のスピーキング能力の向上が求められる場合におすすめです。

※CEFRについてはこちらをご覧ください。

オンライン英会話+講師派遣の組み合わせ

 

グループセッション_理由1

 

プロゴスでは、オンライン英会話以外に、講師派遣によるレッスンも提供しています。オンラインレッスンだけでは不安があるという場合には、オンライン英会話と講師派遣によるレッスンを組み合わせることも可能です。そうすることで、オンライン英会話で発話量を増やし、ネイティブ講師からは実務に使える言い回しを学び学習効果を最大化できます。

 

たとえばプロゴスでは実践トレーニングを行う「グループセッション」を提供しています。オンライン英会話と組み合わせることで、より実務に近い形で学んだ英語をアウトプットできたり、他の学習者から刺激を受けたり、レッスンのマンネリ化を防げたりといった効果が期待できるのです。

アウトプットの最大化で社員の英語スピーキング力を向上させましょう

TOEICでハイスコアを獲得している社員は、文法・語彙・読解などの英語の基礎的な能力は持っています。そのためオンライン英会話などで発話機会を増やすことで、すんなりとスピーキング能力が向上するケースが多いです。

社員のスピーキング能力に課題を感じている企業の方は、プロゴスまでご相談ください。