レアジョブグループ、エンワールド・ジャパン社と提携 英語スピーキング力を世界標準で測定し グローバルビジネスで「入社後活躍」できる人材マッチングを実現

2021.07.08

レアジョブグループ、エンワールド・ジャパン社と提携 英語スピーキング力を世界標準で測定し グローバルビジネスで「入社後活躍」できる人材マッチングを実現

 


測定(アセスメント)に基づく育成(研修)のアプローチで、世の中に必要とされるグローバルリーダーを輩出する株式会社プロゴス(以下、プロゴス社)と、その親会社、株式会社レアジョブ(以下、レアジョブ社)は、グローバル人材に特化した人材紹介会社エンワールド・ジャパン株式会社(以下、エンワールド・ジャパン社)と提携し、英語スピーキング力の可視化・定量化と、外資系・日系グローバル企業への人材紹介を連動させる取り組みの基本合意を締結いたしました。

 

画像_2社ロゴ-1

外資系・日系グローバル企業への人材紹介における英語スピーキング力把握の課題

外資系・日系グローバル企業では、ビジネスレベルで使用できる英語スピーキング力を必須スキルに設定しているケースが少なくありません。
一方で「どの程度」の英語スピーキング力が必要であるか、定量的に基準や指標を定めている企業は多くないのが実情です。そのため、採用企業と転職希望者の間では「仕事で通用するレベルの英語を使えますか?」という問いに対し、主観的・定性的な判断に頼らざるを得ないケースが発生していました。人材紹介会社では、入社後の業務で必要な英語力と実際のスキルの間に乖離が発生するのを防ぐため、転職希望者の英語スピーキングレベルを入念にチェックする必要がありました。いずれも、定量的な判断軸や方法が確立していないがゆえに生じる課題であったと言えます。

「PROGOS」による課題解決

プロゴス社が提供するビジネス英語スピーキングテスト「PROGOS」は、言語を「どの程度」使いこなせるかを示す国際基準・CEFR(セファール・*1)に準拠し、あらゆるビジネスシーンに基づく設問を通して、受験者の英語スピーキング力を定量的にアセスメント(測定)し、CEFR-J(*2)に基づいた8段階評価で定量的に把握することが可能です。
つまり、受験者(今回の場合は転職希望者)・人材紹介会社・採用活動を行う外資系・日系グローバル企業の3者は、「PROGOS」によって客観的なレベル判定が可能となり、採用してから期待していた英語スピーキング力と実力に乖離が発生するリスクを低減できるようになると見込まれます。
また、「PROGOS自動採点版」はAIによる自動採点を用い、受験後最速2~3分で採点結果を返却できるのが特長です。さらに、採点が人の手によらないので、転職希望者の人数が増えても、数千名単位での大規模受験が可能です。

レアジョブグループとエンワールド・ジャパン社提携の仕組み

~第一段階:「PROGOS」の無償提供と英語スピーキングレベルの可視化~
今回、まずはエンワールド・ジャパン社の転職サービスご登録者様に、「PROGOS」を無償でご受験いただきます。これにより、エンワールド・ジャパン社では人材紹介時に登録者の英語スピーキング力のスキルチェックの負担が減り、入社後の活躍をより実現しやすくなります。採用企業では、実際の英語スキルのニーズに即した人材を採用しやすくなり、ミスマッチを回避できるようになります。
同時に、外資系・日系グローバル企業ではどの程度の英語スピーキング力が求められるのかなど、活用度の高いデータの集積にもつなげてまいります。

 

~第二段階:クライアント企業への転職実績に基づき、キャリアパスの多様性を実現~
将来的には、エンワールド・ジャパン社より、受験者の同意に基づいて「外資系・日系グローバル企業への紹介・転職実績」「必要な英語スピーキング力レベル(CEFRベース)」の情報を提供いただきます。それを起点に、「レアジョブ英会話」ユーザーが転職を希望する場合、求人情報と結びつけていく流れを構想しています。

 

上記の流れが実現すれば、転職を希望する個人向けの「レアジョブ英会話」ユーザーにとっては、学んだ英語を活かしたキャリアパスの選択肢が増え、グローバルに活躍するチャンスが広がることになります。多様な可能性を描けるので、学習のモチベーションアップにもつながると予想されます。
また、要件にマッチした転職希望者の紹介は、レアジョブ社からエンワールド・ジャパン社に対し、基本的に無償で行うので、同社では英語スピーキング力を定量的に把握したうえで、外資系・日系グローバル企業で活躍できる候補者の紹介の増加につながると見込まれます。
「PROGOS」をこうした流れの起点にすることで、プロゴス社としてはCEFRに基づき英語スピーキング力をアセスメント(測定)する価値観を根づかせ、各社の事業成長の加速を図ってまいります。

 

なお、エンワールド・ジャパン社の転職サービス登録者や「レアジョブ英会話」ユーザーで、転職に必要な英語スピーキング力が不足している場合は、希望に応じてレベルやニーズに即した適切なレアジョブ社の英会話学習サービスの紹介を行います。英語スピーキング力のアセスメント(測定)から必要な英会話学習、人材紹介までをシームレスに結びつけられるので、求められる英語スピーキング力を着実に身につけている人材紹介の仕組みが成立します。

 

画像_3社の座組み

レアジョブグループのキャリア関連事業と今後の展望

今後は、提携する人材紹介会社の拡大も検討しています。また、プロゴス社では英語スピーキング力に加え、グローバルビジネスに必要なスキルの可視化も推進いたします。アセスメント(測定)を切り口とした人材採用から育成までの幅広い支援、多様なスキルの可視化を通して「世の中に必要とされるグローバルリーダーを輩出する」というミッションの実現を目指してまいります。
また、今回のアライアンスは、海外ですでに英語力基準として活用されているCEFRが、日本においても、転職時の判断基準として定着する動きを加速させます。これにより、外資系・日系グローバル企業の人材採用における英語スピーキング力の課題解決を図ってまいります。

今回の取り組みは、日本人が英語を活用してグローバルに活躍するキャリア形成の支援事業です。既に発表の通り、レアジョブグループでは、外国人材向け日本語スピーキング力測定・学習プログラムの開発も開始いたしました。レアジョブグループのキャリア関連事業として、英語・日本語のスピーキング力アセスメント(測定)をベースに、さらなる展開を推進してまいります。

*1 正式名称はCommon European Framework of Reference for Languages : Learning, teaching, assessmentで、日本語で表すと「ヨーロッパ言語共通参照枠」。
*2 CEFRをベースとして、日本の英語教育での利用を目的に構築された新しい英語能力の到達度指標。

 

株式会社レアジョブについて

所在地:東京都渋谷区神宮前6-27-8 京セラ原宿ビル2階
代表者:代表取締役社長 中村 岳
URL:https://www.rarejob.co.jp/
事業内容:英語関連事業

エンワールド・ジャパン株式会社について

所在地:東京都中央区京橋3-1-1 東京スクエアガーデン 12階
代表者:取締役社長 ヴィジェイ・ディオール
URL:https://www.enworld.com/
事業内容:グローバル人材に特化した人材紹介業/グローバル企業に特化した経営層の人材紹介業/グローバル人材に特化したプロフェッショナル人材派遣業/グローバル企業の採用代行サービス(RPO)

 

-----------------------------------------------
【法人様からのお問い合わせ】
株式会社プロゴス
メール:sales@rarejob.co.jp TEL:03-5778-4310

 

【報道関係者からのお問い合わせ】
株式会社レアジョブ 広報 荒川、水口
メール:
press@rarejob.co.jp TEL:03-5468-7401

-----------------------------------------------