世界中から多くのお客様が訪れる水族館が外国人観光客の満足度と従業員満足度の向上を目指して英語教育を導入した理由

株式会社海遊館

mainimg-1-1-1

 

世界最大級の水族館である「海遊館」などを運営する株式会社海遊館 。
インバウンド需要が増す中で、外国人のお客様に対する顧客満足度の向上、また社内の従業員満足度向上をきっかけにレアジョブ英会話を導入。一時的な短期的な施策ではなく、中長期施策としてのお取組み内容を伺いました。

お話をうかがった方

総務部総務チーム 砂池 信也 様(インタビューご回答)

総務部総務チーム 山口 野乃花 様(写真・インタビューご回答)

課題

・外国人のお客様の顧客満足度を向上させたい
・併せて、学習サポートを行う事で従業員満足度も向上させたい

解決策

・自分のペースで学習できるオンラインでの学習を検討
・各人のニーズやレベルも多種多様なため、1on1のオンライン英語を活用

効果

・定員を超える応募者が集まり、意欲を買って全員に受講していただくことに
・来館いただいたお客様へのキュレーション(解説)を行う飼育員も積極参加
・イントラネットの掲示板で受講中・受講後の状況の共有を行い、受講者のコミュニティ形成することができた

外国人観光客の満足度と従業員満足度の向上、その両方を実現できる手段とは?

image01-1-1-300x205

当社は、世界最大級の水族館である「海遊館」や、水族館・動物園・博物館のカテゴリーを超えた
生きているミュージアム「 NIFREL(ニフレル)」を運営している企業です。
また、物販や飲食の事業も手掛けており、海遊館に隣接する商業施設「天保山マーケットプレース」
の運営も行っています。どの事業も、「1人でも多くのお客様にお越しいただくこと」、そして「お越しいただいたお客様に自然な笑顔になっていただけるコンテンツづくり」を意識しています。

現在、当社が運営する施設はインバウンドの需要がどんどんと増えており、
「海遊館」においては多くの外国人のお客様がご来場くださいます。
トリップアドバイザーやミシュランガイドで高い評価をいただいており、
そういった評価や口コミを見て、期待感を持って海外からご来場される方がほとんどです。
だからこそ、すべての顧客接点において外国人のお客様の顧客満足度(CS)を向上させることを課題として捉えていました。

一方で、内部環境の部分では、社内で行った従業員満足度(ES)調査の結果から、
「成長したいという思いに対する、会社のサポートが少ない」
「将来に向けた勉強をしたいと思っており、会社にサポートをしてもらえると嬉しい」
という声が見られました。このような回答をくれた社員に直接話を聞いてみると、
「英語で論文を書いて、海外で研究成果を発表したい」
「海外の水族館とのやり取りを円滑にできるようになりたい」
「海外からのお客様に対して、道案内を行うだけでなく展示の内容まで詳しく説明できるようになりたい」
といったように、業務に活かせる学習をしたいという思いを持っている社員が多くいることがわかりました。
そこで、何か会社としてサポートできることはないかと考え始めたのです。

各自のニーズやレベルに沿うレッスンを提供したいとレアジョブを導入

image02-1-300x206

英語研修は実施していましたが、形態は集合研修。
トイレなどの施設案内や、地震等があったときに避難を促すための
必要最小限のサバイバルイングリッシュを教えて、簡単な言い回しをまとめた
レジュメを配布していました。しかし、こうした内容を越えた英語学習に対する
ニーズが存在するうえ、各人のニーズやレベルも多種多様なため、
1on1のオンライン英語研修を提供しているレアジョブの導入を決めたのです。

いくつかある英語研修サービスの中でもレアジョブのオンライン英会話レッスンに決めたのは、
社内に個人でレアジョブのレッスンを受けている者もおり安心であったこと、安価であったことなどが理由です。

また、「英語を学びたい!」と声を挙げてくれた社員は仕事熱心で帰りも遅い場合が多いため、
自分のペースで学習できるオンラインという形態が適していると考えました。
他に、レッスンで講師を務めてくれるチューターのプロフィールが詳細に記載されており、
社員のニーズに適った生物学や海洋学、観光学を専攻されていた方が意外と多かったことも決め手となりました。

TOEICの点数を上げるためでなく、業務に活かすための英語を身につけてほしい

レアジョブを導入するにあたっては、受講率のラインに応じた会社負担金額だけを決めました。
具体的には、受講率80%以上であれば受講費を会社が全額負担、50〜79%であれば会社が半額負担、50%未満であれば会社負担なし
といったものです。一方で、「いつまでにTOEICで●点取ってほしい」といった数値目標などは今も課していません。
TOEICの点数が高いほど英語が話せるというわけではないと感じているからです。

個人が英語学習に励んでもらうことで、「キャリアアップを会社にサポートしてもらっている」という風に感じてもらってESが向上する。
そして、より仕事に打ち込むことができて、最終的にCSの向上に繋がってほしい。当社はそんな狙いから、英語研修を導入しました。

レアジョブ受講者の募集開始後は、30名の定員に対して36名の社員が手を挙げてくれたので、意欲を買って全員に受講してもらっています。
特徴的なのは、受講者の半数近くが飼育業務に従事する社員であることです。当社で働いている飼育担当の社員は、生物の飼育以外にも
海外の水族館とのやり取りや論文を書いて発表するといった活動も行っていますし、来館いただいたお客様へのキュレーション(解説)を
積極的に行うことが奨励されています。それらの社員がお客様に歩み寄って会話を始め、その中で生物の解説などを行ったり、お客様からの
質問にお答えしたり、双方向のコミュニケーションを生むことができるためです。だからこそ、顧客接点の多い社員がレアジョブを活用して
くれているのは嬉しいですね。また、レアジョブ受講者が書き込めるようイントラネットの掲示板に毎月スレッドを立てています。
「海外旅行へ行った際に、今まで以上に英語を聞くことができた」という報告や「英語力向上のためにこんな勉強をしている」といった
情報交換で賑わうなど、受講者のコミュニティも形成されてみんな楽しんで(励ましあいながら)学んでくれているようです。

中長期の成果を見据えて、英語研修を導入してもいい

「グローバル人材の育成」を目指していたり、「●月までに海外拠点に人員を配置しなければならない」などといった
具体的な目標があったりする中で、半年や1年間で英語研修の成果を求められる企業様が多いのでは、と思います。

ただ、当社のように英語研修を「中長期で取り組む施策」として捉え、TOEIC等の数値目標を課さずに研修を運営している企業もあるのです。

私たちは、英語研修を通してESの向上、そして結果としてCS向上を目指していますが、このようにそれぞれの企業様の課題に即した
英語研修導入のきっかけや導入後の運用方法が多様にあっていいのではないだろうか、と考えています。

logo_kaiyukan

株式会社海遊館 

https://www.kaiyukan.com/

世界最大級の水族館である「海遊館」や、水族館・動物園・博物館のカテゴリーを超えた、生きているミュージアム「NIFREL(ニフレル)」を運営している企業です。また、物販や飲食の事業も手掛けており、「海遊館」に隣接する商業施設「天保山マーケットプレース」の運営も行っています。

ご提供したサービス

レアジョブ英会話 ビジネス英会話コース

レアジョブ英会話 ビジネス英会話コース

「レアジョブ英会話 ビジネス英会話コース」は初級~上級者まで幅広く対応しており、受講頻度を毎日/月回数制で選ぶことで、対象者の学習ペースに柔軟に対応可能です。
便利な受講管理システム、ブラウザ内完結でレッスン受講ができるほか、リーズナブルな価格帯・大規模導入に耐えうる業界随一のキャパシティも企業研修に適しています。

関連事例

大同特殊鋼株式会社 様

 

世界各国に海外ネットワークをもち、毎年海外トレーニーに派遣し、現地法人やお客様の海外拠点に派遣され、1年間業務体験型研修を実施。
これまでは渡航までの1年間準備期間は属人的になっており、成果においてもばらつきがでていた状態からいかに変革を加えていったのか、お話を伺いました。

株式会社OTSL 様

 

日々の世界各国の技術者間での英語でのコミュニケーションが必須であると同時に、今後の外国人の人材雇用やグローバル展開を見据えて英語学習が急務に。
それまでは各自に任せていた英語学習も、会社が指揮をとり目標設定から、各層適した研修設計を行い、英語研修をゼロの状態から社内に英語研修を作り上げたその過程をお伺いしました。

ヤンマー情報システムサービス株式会社 様

 

国内での労働人口減少と飛躍的に向上するITニーズによる、国内IT人財の需給ギャップの拡大、海外市場の拡販に向けた、求められる人財像の変化に対応するために、英語研修を強化。

導入にいたった背景や、役職者から受講することの重要性についてお話を伺いました。

株式会社海遊館 様

 

世界最大級の水族館である「海遊館」などを運営する株式会社海遊館 。
インバウンド需要が増す中で、外国人のお客様に対する顧客満足度の向上、また社内の従業員満足度向上をきっかけにレアジョブ英会話を導入。一時的な短期的な施策ではなく、中長期施策としてのお取組み内容を伺いました。

ホソカワミクロン株式会社 様

 

企業グループの4分の3が外国人社員で構成されるホソカワミクロン株式会社。第1目標である、TOEIC750の到達者の次のステップとて英会話力を強化を目的としたレアジョブ英会話を導入。
学習の継続・習慣化が最難関と言われながらも担当者の工夫で受講率80%を維持し英会話力を向上させた施策についてお話いただきました。

株式会社キーレックス 様

 

要取引先の海外展開に伴い、海外事業の拡大、また自動車業界は100年に1度の大変革と言われており、事業環境の背景から社員の英語力向上が必要不可欠に。
講師派遣型からレアジョブ英会話への研修形態を変更したきっかけや
その後の効果、や今後の英語研修展開についてお話をうかがいました。

大晃ホールディングス株式会社 様

 

グローバルに事業展開するも、外国籍社員が日本語尾が優秀が故に、
“外国語を使える社員”と“日本語しか話せない社員”が二極化。
この状況から脱却するために試行錯誤しながら行った英語研修施策について、またその効果についてお伺いしました。

HENNGE株式会社 様

『HDEメールシステム』を用いたメールシステムのクラウド化や、
Linuxサーバ管理ツール及び、メッセージング、セキュリティソフトウェアの開発販売をおこなっているHENNGE株式会社。導入の効果について話をうかがいました。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせもお気軽に

03-5778-4310

※平日9:00~18:00までとなります