newbook

※上の画像をクリックするとAmazonの購入画面にジャンプします

英語力 こそが
「最強の武器」 になる

先が見えない時代の
キャリア自律のすすめ

Group 380

安藤益代 ANDO MASUYO

株式会社プロゴス取締役会長

あなたのやりたいことを実現する近道は
「英語の壁を突破すること」 なのかもしれない

グローバルに働くことはもはや他人事ではありません。
英語さえクリアできれば、あなたの能力を発揮できる場所はもっと広がるはず。

本書を読めば、ビジネスになぜ英語力が不可欠か、
どうゴール設定し、どうモチベーションをあげればよいか、
時間をどう時間をやりくりして英語の壁と突破できるかがわかります。

こんな人に読んでほしい!

  • 英語やらなきゃと思いつつなかなか続かないビジネスパーソン
  • 英語って、どのくらいまでできたら仕事に使えるのか知りたい方
  • グローバルビジネスに興味があるけど何から始めたらよいかわからない方
  • やりたい仕事をするには国内だけでは限界ありと、うすうす気づいている方
  • キャリアを広げるためにスキルアップしたいビジネスパーソン
  • ビジネスパーソンとして一歩踏み出した方

目次

第1章:日本のビジネスパーソンに英語が必要となる本当の理由
第2章:英語力はどのように評価すべきか
第3章:ダイバーシティが進む世界で求められるリーダー像
第4章:英語が話せると見える世界が大きく変わる
第5章:英語でビジネスの可能性を広げる人たち
第6章:英語でビジネスの可能性を広げる企業
第7章:英語学習を通して成果志向を身につけよう

著者

Group 380

安藤 益代

株式会社プロゴス取締役会長

株式会社プロゴス取締役会長 大学卒業後、野村総合研究所、ドイツ系製薬会社を経て渡米。シカゴ大学大学院MA、ニューヨーク大学経営大学院MBA。帰国以来、25年以上グローバル人材育成・英語教育に携わる。国際ビジネスコミュニケーション協会でTOEICⓇプログラムの普及を推進。EdTech企業の執行役員を経て、2020年よりレアジョブグループに参画。2022年4月より現職。

推薦者の声
投野先生Hubspot画像

東京外国語大学院 教授

投野 由紀夫 氏

「日本のビジネスパーソンの英語力をCEFRで変革したい」プロゴスの安藤社長からそのビジョンを共有された時、私は彼女の CEFR への理解と日本への適応可能性を鋭く見抜いたその洞察力に驚嘆した。
そして、ビジネスパーソン向けの英語スピーキングテスト PROGOS の開発に全面的に協力したのだ。
PROGOS はスピーキング力を測定する際に CEFR の思想を忠実に評価基準に落とし込んだテストとして類を見ない。
かつ自動採点版は現代の AI 技術を活かして、極めて高速で人間の判断とほぼ近い採点結果を出す。
この PROGOS が日本人の英語を変える、そういう日が来るのはそんなに遠いことではないかもしれない。

newbook
英語力こそが「最強の武器」になる!
-先が見えない時代のキャリア自律のすすめ-

著者 安藤益代
株式会社プロゴス取締役会長

定価:1,650円(税込)

著者 安藤への
講演依頼について

本書リリースを記念し、企業や教育機関からの著者による講演の依頼を受け付けます。
国内外の幅広い知見に基づく講演実績多数あり、以下のようなテーマを中心にお話し可能です。

<新卒・若手中堅社員・学生向けテーマ例>
英語力とキャリア、ポストコロナ時代のグローバルリーダー論、ビジネス英語コミュニケーション、異文化コミュニケーションとダイバーシティ など

<企業管理職・人事担当者向けテーマ例>

ポストコロナ時代のグローバルリーダーの育成・研修設計、企業の英語力を測る基準CEFR、グローバルリーダーのスキルマップ など

<最近の登壇実績>

2022年3月  (公財)日本生産性本部 人事部長クラブ「社員の英語力の伸ばし方」
2022年3月  世界最大級のEdTechカンファレンス「SXSW EDU 2022」オンラインセッション
2021年12月 「オリンパスが取り組むグローバルコミュニケーション改革
        ~スピーキングテスト「PROGOS」で実現させる未来への投資~」
2021年11月 「Edvation × Summit 2021 Online」パネルセッション

5月18日(金)書籍出版記念セミナー開催!

グローバル人材育成において、多くの企業担当者が長年悩んできた課題。
それは自社のグローバル戦略の強化と、海外や英語に目を向けようとしない社員とのギャップです。
人的資本経営の観点からみても、戦略の裏づけとなる人的資本が整わないことは企業の死活問題です。
この課題に真正面から取り組み、社員が自分ごととして、グローバル志向や英語スキルの必要性に向き合い、継続的にスキル習得をつづける行動変容を促すエッセンスを書籍からご紹介します。
今年のグローバル人材育成施策の成果を高めたい方はぜひご参加くださいませ。

プログラム

13:00 - 13:10

開会のご挨拶

13:10 - 13:40

【第1部】
仕事力につながる英語学習法 CEFRを企業の英語基準に

<登壇者>
東京外国語大学大学院 教授 投野由紀夫 氏


<講演内容>

国際的基準であるCEFRの行動志向主義、すなわち実践の場で英語を使う力を重視するアプローチが、どのように日本の英語学習を変えつつあるのか、企業の英語力基準としてCEFRを用いるメリットは何か?日本を代表する言語学者の視点から解説します。

13:40 - 14:20

【第2部】
英語力こそが「最強の武器」になる! 社員のキャリア自律のサポート

<登壇者>
株式会社プロゴス 取締役会長 安藤 益代

<講演内容>
グローバル事業拡大を成長戦略の柱に掲げながら、それを担う人材の確保・育成に苦慮されている企業が多いと聞きます。その一番の課題は社員がなかなかグローバル展開の必然性や自身のキャリアの可能性に目を向けないことです。こうした課題にどう立ち向かうのか、様々な企業のグローバル人材育成支援に携わってきた経験を事例とともにご紹介します。

14:20 - 14:25

開会のご挨拶

セミナー詳細

開催日時

2022年5月18日(水)13:00-14:25

開催形式

オンライン形式 ウェビナー
※Zoomを使用いたします。Wi-Fi環境など高速通信が可能な電波の良い所でご視聴ください
※リアルタイム配信のみとなっており、録画視聴はできませんのでご了承ください

定員

100名 ※定員になり次第締め切らせていただきます

参加費

無料

注意事項

同業他社様、営業目的でのお申込み等の場合等、ご参加をお断りさせていただく場合がございます。

セミナーに関するお問い合わせ

株式会社プロゴス セミナー運営事務局
seminar@progos.co.jp

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせもお気軽に

03-5778-4310

※平日9:00~18:00までとなります

メールマガジン
登録のご案内

セミナーのご案内やコラムなど
様々な情報をお届けいたします。
ぜひご登録ください。