働き方や勤務地を問わず自由にレッスンを受講し、ビジネスのグローバル展開を加速するアクセルに

大晃ホールディングス株式会社

mainimg-12-1

 

グローバルに事業展開するも、外国籍社員が日本語尾が優秀が故に、
“外国語を使える社員”と“日本語しか話せない社員”が二極化。
この状況から脱却するために試行錯誤しながら行った英語研修施策について、またその効果についてお伺いしました。

お話をうかがった方

人事部人事グループ 兼 総務部総務グループ総務チーム 松村 文彦 様

人事部人事グループリーダー代理 藤本 悦子 様

課題

・海外との業務連携では英語を共通言語とする場面が増加していくも海外のグループ会社に日本語が堪能な社員が多く、
 英語利用の機会が減少し“外国語を使える社員”と“日本語しか話せない社員”が二極化
・対面での社内英語教室を開催するも、仕事との両立が困難

解決策

勤務時間や拠点を問わず社員が自由度高くレッスンを受講可能なオンライン英会話を実施

効果

・自身のスケジュールに合わせて学習できることから、仕事や私生活との両立が可能になった
・社内英会話教室のない支店や海外拠点に勤めている社員の需要も満たすことができた
・海外拠点の「英会話力を伸ばす機会が欲しかった」というニーズに応えることが出来た
・オンライン英会話を利用することで学習意欲が高まり、海外短期語学研修に行く方も

大晃ホールディングスグループ「大晃機械工業株式会社」の事業内容について
教えてください。

従業員約370名の流体移送機器の総合メーカです。舶用ポンプが売り上げの7割強を占めますが、
石油化学プラントやケミカルプラントに納める各種ブロワに加え、半導体や太陽光パネルの業界にもドライ真空ポンプを納めています。
幅広い分野において製品供給を行っており、当社のポンプは7,000種類を超えています。
また、各種浄化槽の設置やそれに付随するばっ気用ブロワも製造しており、近年は医療用ブロワの開発によって医療分野にも進出しました。

海外展開も積極的に行っており、中国には独資(※)2社と合弁4社、台湾と韓国にそれぞれ独資1社をもっております。
上海には現地駐在事務所を構えており、シンガポールの駐在事務所は2018年7月に現地法人化しました。

※独資企業:中国や台湾、韓国などにおいて、外国企業が単独で出資ないし複数の外国企業のみで100%出資した企業のこと。

貴社が英語研修を必要とされた経営上の課題を教えてください。

image01-11-300x205

海外販路の拡大に伴う事業展開が主な理由です。アジア、ヨーロッパに多数グループ会社を持つ弊社にとって、海外との業務連携では互いの母国語ではない英語を共通言語とする場面が多くなりました。

海外進出や販路拡大を図るためには、相手を慮(おもんぱか)るコミュニケーション力が一番重要だと考えています。国によって文化が異なるので、それぞれの文化背景を理解しながら意思疎通を取る必要があります。
どんなビジネスであっても、現地の国や現地の人との信頼関係がなければ成功はありえません。そのため、成果を生み出すビジネス展開において、言語は非常に重要なツールになってきます。

 

レアジョブのオンライン英会話を採用した決め手を教えてください。

海外のグループ会社側に視点を移して考えると、本国である日本とのやりとりが重要視されます。
したがって、彼らからすると「日本語が話せる=ビジネスチャンスが広がる」という発想になるようです。

実際に中国にあるグループ会社では、学習意欲の高い従業員が日本語堪能な中国人社員に依頼し、
昼休み時間を利用して日本語教室が開催されています。その結果、本社とグループ会社間のやり取りでは日本語の使用が主流になりました。
日本国内の社員は業務において外国語を使う機会がなくなってしまいました。
そして“外国語を使える社員”と“日本語しか話せない社員”がはっきりと分かれてしまい、
「英語や中国語が必要な業務は、それができる部署に依頼すれば大丈夫だろう…」という雰囲気が出てきてしまったのです。


これは良くないと考え、2009年より近隣のアメリカ軍海兵隊岩国基地の関係者に依頼し、
就業後の週1~2回程度来社してもらって「社内英会話教室」を開きました。
しかしながら残業があると、英語を勉強したくてもその教室に継続して通うことができません。

色々と試行錯誤しているとき、2015年2月にレアジョブさんとのご縁がありました。
「レアジョブ英会話」であれば、社員それぞれが自分の都合の良い時間にフィリピンの先生と英会話レッスンができます。
その便利な仕組みは大きな魅力でしたね。
また、レアジョブさんは顧客の立場を汲んだきめこまやかな管理サービスと、レッスン当たりの単価が安いのが魅力。
持続可能なかたちで英会話学習ができるという視点で、導入を決めました。

 

受講者様の反応や、効果はいかがでしょうか?

もともとは残業によって社内英会話教室に参加できない社員向けの企画でしたので、これまでのところは概ね好評です。
副次的ではありますが、家事や育児など時間的制限がある社員や、社内英会話教室のない支店や海外拠点に勤めている社員の需要も
満たすことになりました。想像以上のニーズを満たせたのは良かったと思います。
特に、中国に赴任している社員は中国語だけでもビジネスができるので「英会話力を伸ばす機会が欲しかった」という声もありました。


また、普段英語での業務を行っていない部署には、英会話初心者の社員も少なくありません。一人の女性社員が意欲的にレッスンを受講し、
長期休業中にフィリピンに短期語学研修に行くまでの英会話力が身についたのは嬉しかったですね。
「レアジョブ英会話」を導入して良かったと感じた瞬間です。

 

今後、社員の英語教育に関してどのような展開を考えていますか?

現在の課題は、直接英語での業務を行わない部門に所属する社員の英会話力向上です。
当社は昇格条件に英語力を問う項目がないので、英会話は自主的に勉強しているケースがほとんどです。
語学は自主性がないと身につかないのでそれはそれで良いとも言えますが、その一方で経営者の視点から考えると、
グローバル展開を推進する当社のビジネススタンスにおいてこのペースでは間に合いません。
昇格条件に英会話能力指標を入れたり、社内会議は全て英語にしたりするなど英会話力習得を必須にする方法もあるとは思いますが、
それはあくまでも最終手段として考えています。


特に、2020年からは大学入試センター試験が大きく変わり、日本の教育史上で初めて英会話能力を問う試験が常設されることとなります。
つまり、数年後に入社してくる新入社員は、どんな学部を卒業していても英語が喋れるのが当たり前という流れになっていくと思われます。
上司が英語での業務に苦手意識を持っているままでは、部下のマネジメントにも支障が出てくる可能性があります。
そのような理由で今こそもう一度、社内英語教育を見直す時期に来ていると感じています。
「レアジョブ英会話」の活用も含め、グローバルでビジネスを展開する企業として適正な、そして効果の高い英語教育の実現を目指していきたいと思います。

 

大晃機械工業株式会社(大晃ホールディングスグループ)

https://www.taiko-kk.com/

1956年4月に設立。独自の形状を持つ「欠円ギヤ」による歯車ポンプの開発・製造からスタートし、舶用ポンプの分野で技術を蓄積。さらにその技術力を陸上の各種産業分野へと応用、展開している。確かな研究開発力と高い品質管理体制による製品の信頼性の高さはもちろん、さまざまな流体移送を可能にする幅広い製品ラインナップ、さらにグローバルな環境でサポート可能なサービスネットワーク網の構築など、お客様の事業活動を万全の体制で支えている。

ご提供したサービス

レアジョブ英会話 ビジネス英会話コース

「レアジョブ英会話 ビジネス英会話コース」は初級~上級者まで幅広く対応しており、受講頻度を毎日/月回数制で選ぶことで、対象者の学習ペースに柔軟に対応可能です。
便利な受講管理システム、ブラウザ内完結でレッスン受講ができるほか、リーズナブルな価格帯・大規模導入に耐えうる業界随一のキャパシティも企業研修に適しています。

関連事例

大同特殊鋼株式会社 様

 

世界各国に海外ネットワークをもち、毎年海外トレーニーに派遣し、現地法人やお客様の海外拠点に派遣され、1年間業務体験型研修を実施。
これまでは渡航までの1年間準備期間は属人的になっており、成果においてもばらつきがでていた状態からいかに変革を加えていったのか、お話を伺いました。

株式会社OTSL 様

 

日々の世界各国の技術者間での英語でのコミュニケーションが必須であると同時に、今後の外国人の人材雇用やグローバル展開を見据えて英語学習が急務に。
それまでは各自に任せていた英語学習も、会社が指揮をとり目標設定から、各層適した研修設計を行い、英語研修をゼロの状態から社内に英語研修を作り上げたその過程をお伺いしました。

ヤンマー情報システムサービス株式会社 様

 

国内での労働人口減少と飛躍的に向上するITニーズによる、国内IT人財の需給ギャップの拡大、海外市場の拡販に向けた、求められる人財像の変化に対応するために、英語研修を強化。

導入にいたった背景や、役職者から受講することの重要性についてお話を伺いました。

株式会社海遊館 様

 

世界最大級の水族館である「海遊館」などを運営する株式会社海遊館 。
インバウンド需要が増す中で、外国人のお客様に対する顧客満足度の向上、また社内の従業員満足度向上をきっかけにレアジョブ英会話を導入。一時的な短期的な施策ではなく、中長期施策としてのお取組み内容を伺いました。

ホソカワミクロン株式会社 様

 

企業グループの4分の3が外国人社員で構成されるホソカワミクロン株式会社。第1目標である、TOEIC750の到達者の次のステップとて英会話力を強化を目的としたレアジョブ英会話を導入。
学習の継続・習慣化が最難関と言われながらも担当者の工夫で受講率80%を維持し英会話力を向上させた施策についてお話いただきました。

株式会社キーレックス 様

 

要取引先の海外展開に伴い、海外事業の拡大、また自動車業界は100年に1度の大変革と言われており、事業環境の背景から社員の英語力向上が必要不可欠に。
講師派遣型からレアジョブ英会話への研修形態を変更したきっかけや
その後の効果、や今後の英語研修展開についてお話をうかがいました。

大晃ホールディングス株式会社 様

 

グローバルに事業展開するも、外国籍社員が日本語尾が優秀が故に、
“外国語を使える社員”と“日本語しか話せない社員”が二極化。
この状況から脱却するために試行錯誤しながら行った英語研修施策について、またその効果についてお伺いしました。

HENNGE株式会社 様

『HDEメールシステム』を用いたメールシステムのクラウド化や、
Linuxサーバ管理ツール及び、メッセージング、セキュリティソフトウェアの開発販売をおこなっているHENNGE株式会社。導入の効果について話をうかがいました。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせもお気軽に

03-5778-4310

※平日9:00~18:00までとなります